子供の靴、大きめを選ぶと危ない!

こんにちは。幼稚園、小学校の子供がいる主婦のマリトです。

子供の靴。

足が少しずつ大きくなるから、大人よりもまめに買い換えが必要だし、洗い替えもあったほうがいいですよね。

靴の値段も結構するし、子供の人数が多ければそれだけお金もかかりますから、ちょっと大きめのサイズを選んで、買い換える時期を引き延ばせれば・・・と考えがちです。

私もそうでした。

ちょっと大きいサイズを買ってみたものの・・・

とにかくよく転ぶ。。

ベルクロがついている靴なら、しっかりベルクロを締めればある程度安定するかもしれません。が、小さい子の靴の履き方、結構適当です。遊びたい、出かけたい気持ちでいっぱいで、靴のベルクロの調節なんて二の次。

その結果、ケガするし、お気に入りのレギンスとかパンツに穴が空いたり汚れたり・・・これって本末転倒じゃないの?

考えてみたら、自分が靴を選ぶとき、ちょっとでもゆるみがあるととても歩きにくい。ジャストサイズじゃないと。

それなのに、子供には大きめサイズを履かせて・・・子供たちよ、ごめん。

子供の足のサイズ、どのくらいの頻度で測ったらいいの?

お店の人によると、子供の足は3ヶ月に1回は測った方がいいとのこと。

うちの子たちは、私に似ず幅が狭い足なので(超幅広足の連鎖は私で止まったみたい・・・うらやましい)幅も細身のもので選んでいます。だんだん子供たちの好みも入ってくるから、これにしようと言ってもそうならないときもあるんだけど・・・

そういう場合は服とか他のもので好きなのを選ばせて、靴はなるべく母に従ってもらうようにしますね。いくら可愛くても、足に合わない物は危ないので。

結果、以下のシューズを愛用しています。